新広島ホテルについて

新広島ホテルは、かつて広島県広島市中区に存在していたホテルです。現在の「リーガロイヤルホテル広島」の前身となったホテルでもあります。新大阪ホテル(現在のリーガロイヤルホテル)系列のホテルであり、広島平和記念公園内の広島平和記念資料館の西隣の広島市公会堂に合築されていました。1953年1月、「広島に立派な公会堂とホテルと物産陳列館をつくることが私の夢だ」と発言した田中好一山陽木材防腐(現ザイエンス)社長の言葉で地元財界が奮起し建設を決定、1955年3月4日に開業しました。ちなみに平和公園が1954年4月1日完成であり、公園整備と並行してホテル建設が行われました。開業当初から広島における迎賓館として機能しており、同公園内で行われる広島平和記念式典に出席する貴賓が利用しました。1959年公開のアラン・レネ監督の映画「ヒロシマ・モナムール(二十四時間の情事)」のロケにも使用されており、当時のホテルの様子を確認することができます。1958年12月9日には、在日本アメリカ合衆国大使としては初来日となるダグラス・マッカーサー2世駐日大使が、ここで米軍核軍縮について演説しています。1959年7月25日には、チェ・ゲバラが新広島ホテルに宿泊したという情報もあります。1972年2月1日に広島市監査委員会が、都市公園法に違反していることを指摘。是正措置を求め、協議の結果同月13日に2年以内の閉館と、それまでの業務委託となりました。そのため、新広島ホテルはやむなく1973年5月31日に閉館しました。スタッフは、1962年に開業した「広島グランドホテル」(現在のアーバンビューグランドタワーがある場所)に移動となりました。その後、1994年に開業した「リーガロイヤルホテル広島」が、流れを引き継いだホテルとなっています。新広島ホテルおよび広島市公会堂は1969年に改築され、現在は広島国際会議場として利用されています。また、2011年現在でも広島国際会議場内のレストランはリーガロイヤルホテル広島が運営しています。

沿革

  • 1955年3月4日・・・新広島ホテル開業。
  • 1962年5月25日・・・系列の「広島グランドホテル」開業。
  • 1972年2月1日・・・平和記念公園内にある新広島ホテルが都市公園法に違反していることを広島市監査委員会が指摘。適法措置を求める。
  • 1972年2月12日・・・新広島ホテルの2年以内の閉鎖が決定。
  • 1973年5月31日・・・新広島ホテル閉館。
広島を楽しみ尽くす

映画「二十四時間の情事」

この映画は、アラン・レネ監督、マルグリット・デュラス脚本による日本・フランス合作映画です。被爆地広島県広島市を舞台に、第二次世界大戦により心に傷をもつ男女が織りなすドラマを描いた作品で、アラン・レネ監督の第1回長編劇映画作品です。日本での邦題は当初「ヒロシマ、わが愛」とされていたのですが、公開時に「二十四時間の情事」へ変更されました。ただし近年では、日本においても原題のまま「ヒロシマ・モナムール」と紹介される場合もあります。外部からやってきたフランス人という存在が、原爆をどこまで知ることができるのか?というアラン・レネ監督の想像から映画製作は始まりました。人間が、現実を批判しながら自己の心の在り処を探求していく過程を、個人の内面にある戦争を背景に描いた作品となっています。当初はカンヌ国際映画祭でフランスからの正式出品のはずだったのですが、1956年の「夜と霧」と同じく「時宜を得ない」との理由で却下され、コンクール非参加作品として特別上映されたという経緯があります。映画祭がこの作品については当時の米国の心証を、その前の「夜と霧」ではドイツの心証を、それぞれおもんぱかったと言われています。ジョルジュ・サドゥールはこの作品を「時代を画する作品」と激賞し、「FILM辞典」でも「ヌーヴェル・ヴァーグの最も重要な作品」と評価しています。この作品は、1959年度カンヌ国際映画祭国際映画批評家連盟賞と1960年度ニューヨーク映画批評家協会賞外国語映画賞を受賞しています。1979年セザール賞のフランス映画トーキー・ベスト・テンでは、史上第7位に選出されました。映画の全編(ヒロインの第二次世界大戦中の回想シーンを除く)のロケーションを1958年当時の広島市で行い、多くの市民が撮影に参加しています。新広島ホテルもロケ地の一つになっています。主人公の2人が情事にふける立町のホテル周辺や、フランス語で記載されたプラカードで反核平和を訴えるデモ行進を行っているシーンなど、多くの市民の姿が映し出されています。当時の広島駅、平和公園、広島平和記念資料館、広島赤十字・原爆病院、本通り商店街、原爆ドーム、太田川なども登場します。

おすすめホテル
時代の流れに高槻市の賃貸 http://ph-takatsuki.net/は対応してまいります!ライフスタイルが多様化している現代のお部屋選びは、人それぞれの希望があります。

あらすじ

反戦映画のロケのために来日し、広島を訪れたフランス人女優。彼女は広島の地で日本人男性と知り合い、深い仲になります。2人の情事の際の会話が続く冒頭では、広島の原爆被害の惨状を訴える映像シーンが続きます。2人はともに第二次世界大戦で戦争による悲劇的な体験を有していました。日本人男性は、米軍の原爆投下によって家族を全て失い、フランス人女性はナチスの将校と恋仲だったのですが、戦後に周囲から糾弾や迫害を受けた過去を持っていたのでした・・・。

出演者

  • 女・・・エマニュエル・リヴァ
  • 男・・・岡田英次
  • 母親・・・ステラ・ダサス
  • 父親・・・ピエール・バルボー
  • ドイツ兵・・・ベルナール・フレッソン

50年目の写真展

エマニュエル・リヴァがこの映画撮影のために来広した際に、広島の街並みや人々の様子を個人で撮影した写真を、多摩美術大学の港千尋教授が、2008年にフランスで偶然確認しました。5月には「ヒロシマ モナムール」展として広島市現代美術館で展示されたほか、11月には広島県立美術館地下講堂など広島市内3箇所で、東京で12月に銀座ニコンサロンにて写真展が開催されました。また、リヴァ本人も50年ぶりに来日し、市民と交流したほか、「HIROSHIMA 1958」として写真集が日仏両国で出版されました。